ホーム | エアライン・ポスター、  パンフetc. > インフライトガイド、パンフレットAEROFLOT 1980年 モスクワオリンピック スペイン語圏向けプロモーションアイテム:“MOSCU, SEDE DE LA OLIMPIADA-80” モスクワ紹介パンフレット
商品詳細

AEROFLOT 1980年 モスクワオリンピック スペイン語圏向けプロモーションアイテム:“MOSCU, SEDE DE LA OLIMPIADA-80” モスクワ紹介パンフレット

販売価格: 8,800円 (税込)
[SOLD OUT] 梱包サイズ: 60cm
1980年7月に当時のソビエト社会主義共和国連邦の首都であるモスクワで開催された夏季オリンピックモスクワ大会。その開催に合わせてモスクワオリンピックのオフィシャルエアラインだったアエロフロート(AEROFLOT:ソビエト連邦の国有航空会社として1923年に “ドブロリョート” の社名で設立されて以来、ソ連政府の民間航空輸送部門として運営されてきましたが、“アエロフロート” とは単一の航空会社の名称ではなく、各地域ごと、事業ごと、あるいは空港ごとに存在する航空会社の集合体であるソ連政府の民間航空輸送部門の総称であったそうでありマス。そしてソ連崩壊後に民営化され、現在はロシアのフラッグキャリアかつスカイチームの主要メンバーとして、世界各国にその路線網を広げておりますヨ。※Wikipedia参照)がスペイン語圏のツーリストに向けて制作し、一部の搭乗客や旅行代理店、関係者等に配布していた今となっては大変貴重な “MOSCU, SEDE DE LA OLIMPIADA-80” モスクワ紹介パンフレットですヨ!

もう表紙のロゴやデザイン、ゴールド&レッドの色合いからソビエト臭がムンムンと漂う独特な雰囲気を醸し出しまくっておりますが、中面も国の威信をかけた国家プロジェクトであるオリンピックを成功させるべく社会主義国家らしさ溢れるアピール具合や当時のモスクワの街並み、未来都市のような選手村の予想図、ソ連っぽさ全開な競技ピンバッジのコラージュデザイン、街並みに異彩を放つクールすぎるアエロフロートの広告オブジェ?、さらに懐かしのソ連製機体や当時のアエロフロートグッズ(今となっては垂涎モノのお宝ですね!)などなど、負けず劣らずとても興味深い仕上がりとなっておりますヨォォォ〜!!

もちろん1980年のモスクワオリンピック開催に合わせて一時期にのみ配布されていた物ですし、この大会は日本はボイコットして参加しなかったため、こういったアイテムも国内ではまずお目にかかれないと思いますので、そういった意味においても歴史的資料としてとても貴重なパンフだと思いマス!!ハッキリ言ってこの先いつまた入荷できるかはまっっっったくもってわかりませんので、オリンピックファンのみなさま、アエロフロートファンのみなさま、ソビエト好きなみなさまもみんなひっくるめて、この機会をぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜!! ※1点のみの入荷となります。※全26ページで全文スペイン語表記となります。

コンディションは、およそ40年もの長い長い年月を経ていることもあり、表面に経年によるちょっとした小傷や折れ、擦れ等が見受けられ、一箇所裏側の1ページ目の所に補修された跡が見受けられます。ですが表紙以外は特に問題もなく、破れ等はありませんし色合いも鮮やかで、劣化しやすい紙物としては申し分のないキレイな状態だと思いますヨ。 ※およそ40年もの長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少の擦れや汚れ、ヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

縦:約221mm × 横:約236mm
※閉じた状態で
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
反対面です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面パート1です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面パート2です。