ホームエアライン・ウェアJAL 日本航空 2011年 BOEING 747 退役記念限定復刻品:“JAL 747Family メモリアルはっぴ”
商品詳細

JAL 日本航空 2011年 BOEING 747 退役記念限定復刻品:“JAL 747Family メモリアルはっぴ”

販売価格: 18,800円 (税込)
[SOLD OUT] 梱包サイズ: 80cm
記憶に新しい2011年3月に惜しまれながら退役した日本航空のジャンボですが、その退役を記念して日本航空が復刻し、当時限定的に販売していた “JAL 747Family メモリアルはっぴ” ですヨ!!(※ちなみにクラシックジャンボは2009年7月に退役しており、ハイテクジャンボと呼ばれた-400型が2011年3月に退役しております。)

そうです。そうなんデス!この法被、1966年にJALの北回りヨーロッパ便でビートルズが初来日した際に着ていたあの有名な法被の復刻品なんデス!!(コーフンッ!)当時のファーストクラス搭乗客へのギフトだったこのハッピコートを羽織り、タラップを降りてきて熱狂的な歓迎に手を振って応える4人の姿は、歴史的なシーンとして多くの人の心に焼きついてますよね。でもなぜ法被を着ることになったのか・・というのは、搭乗後脱いでいた背広がクシャクシャになってしまい、機内でビートルズのお世話をしていたスッチーさんが法被を勧めたところ、ジョンレノンが気に入ってみんなで着ることになったそうデス。まぁ、でも諸説あるようなんで、どーなんでしょうねぇ?といろいろ妄想してみるのも一興ですね。

そんな伝説的な法被の復刻品ですが、この2011年3月の “BOEING 747 退役記念” の時に加え、2016年の “Beatles来日50周年記念” の時にも日本におけるビートルズのオフィシャル・ファンクラブである “ザ・ビートルズ・クラブ”(略称はBCC)において、BCC会員のみの限定品として販売されておりましたデス。この時の名称は “JAL メモリアルはっぴ” でした。あと追加情報として、極限定的なとある一時期にJALロンドン線ファーストクラスのギフトとしてもプレゼントされていたようでありますヨ。

ジャンボに話を戻しますと、1970年に森 英恵サンのデザインによって大胆に生まれ変わったスッチーさんの5代目ユニフォームとともに華々しくデビューし、当時の人々の度肝を抜いた2階建て超巨大旅客機だったジャンボは、多くのこどもたちの夢や憧れをのせて、そしてまさに旅客機の代名詞として日本の空に君臨し、長年に渡って親しまれてきましたが、2000年代以降の急激な時代の流れに抗うことができず、残念ながら2011年3月をもって現役を引退してしまいました・・。(遠い目)そして、その退役記念として制作されたこの法被は上記しましたように歴史を彩った逸品の復刻品ということで、JAL好き、エアライングッズ好きに加え、ビートルズファンの方やグッズコレクターなんかをも巻き込んで、今となってはとて〜も稀少なアイテムとなっているようですので、みなさまこの機会をぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜!!でも復刻品でもかなりの高値になってるようでして、60年代当時のオリジナルとなると一体いくらぐらいになるんでしょうね・・?(汗) ※1点のみの入荷となります。

コンディションは、まだビニールに入ったままのまったくの未開封新品デス。素材は綿100%で、サイズはフリーサイズですが数値が明記されてましたので、下に書いております。 ※製造過程上でできた微細な汚れや傷等がある場合がありますが、何卒ご了承下さいますようお願いいたします。

サイズ
身丈:85cm × 身幅:67cm × 袖丈:32cm
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
まだビニールに入った状態です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
封入されている紙どアップです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
ビートルズ来日時のはっぴ姿!