JAL 日本航空
ホーム | エアライン・ポスター、  パンフetc. > インフライトガイド、パンフレットANA 全日空 1983年 “BOEING 767 Emergency and Abnormal Checklists” オペレーションズマニュアル
商品詳細

ANA 全日空 1983年 “BOEING 767 Emergency and Abnormal Checklists” オペレーションズマニュアル

販売価格: 34,800円 (税込)
[在庫わずか] 梱包サイズ: 100cm
数量:
パイロット用マニュアル極レアシリーズ第三弾は、全日空がBOEING 767の導入に合わせて制作し、パイロットに配布および機体に設置していた “BOEING 767 Emergency and Abnormal Checklists” オペレーションズマニュアルですゼ!!日本語で言うところの緊急非常時操作マニュアルでしょうか。これまで同様、当時全日空のパイロットだった方が大事に保管していた物で、今回ご縁がありハタゴに入ってきたのでありマス!(喜)

ちなみに全日空のBOEING 767は1983年6月に導入されており、この機種の導入と同時に機体塗装は現在でもおなじみの “トリトンペイント” になりましたヨ。機体としては、このクラスでは初めて2名の乗員で運航可能となった機体で、CRT(カソード・レイ・チューブ)ブラウン管計器等のデジタル装備品が多数採用され、航法装備品も新システムが採用されたことによって運航効率性と安全性が向上するなど、低燃費・低騒音の元祖ハイテク機でもありマス。

こちらはそんな767の相当に稀少な緊急非常時のマニュアルですが、ざっと中身の内容を紹介しますと、“Air Conditioning Pressurization Preumatics”、“APU Engine”、“Auto Flight Flight-Instruments”、“Cargo Fire Smoke Removal”、“Ditching Pax. Evac.”、“Electrical”、“Flight Control”、“Fuel”、“Hydraulics”、“Landing Gear”、“Warning System” という11の項目に別れており、それぞれの項目の中において○○の場合は××という風に通常では知り得ない様々な緊急非常時の操作手順等が明記されていて、往年の旅客機マニアや全日空ファンにとってはものごっっっつたまらない永久保存版的究極のアイテムではないでそーかっ!?

もちろん当時全日空のパイロットにのみ配布されていたマニュアルで、フツーなら社外秘扱いのアイテムですので一般に出回る物ではありませんでしたし、ホントのホントになっっっかなかお目にかかれないとて〜も貴重な歴史的逸品だと思いますヨォォォ〜!!とてもじゃないですがこの小さな4枚の写真だけでは、この溢れんばかりの魅力をお伝えできませんので、ぜひとも実際に手に取ってご覧頂ければと思っておりマス。みなさまこの機会をお見逃しなくゥゥゥ〜!! ※1点のみの入荷となります。※全66ページで英語&日本語の二カ国語表記となります。

コンディションは、当時実際に使用されていた物で、40年近くもの長い長い年月を経ていることもあり、マニュアル表面には経年による擦れや汚れ・小傷等が、そして中面にもちょっとした折れや汚れ、若干の書き込み等が見受けられます。ですがそれ以外は特に問題もありませんし、長い年月を経てきたヴィンテージアイテムで、しかも劣化しやすい紙物としては申し分のない状態だと思いますヨ。 ※数十年の長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少のヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

縦:約291mm × 横:約168mm × 厚さ:約30mm
※閉じた状態で
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
反対面です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面 パート1です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面 パート2です。