JAL 日本航空
ホーム | エアライン・ステッカー、 チケット > チケットJAL 日本航空 1983年 “BOEING 747 SUD” チケットホルダー
商品詳細

JAL 日本航空 1983年 “BOEING 747 SUD” チケットホルダー

販売価格: 2,800円 (税込)
[SOLD OUT] 梱包サイズ: 30cm
おそらく日本航空が1983年頃に使用していた “BOEING 747 SUD” チケットホルダーですヨ。今となってはもう二度とお目にかかれないこの優雅に飛ぶオールドカラーの “鶴丸” ジャンボを写した写真がほんなこつカッコよくてたまりませんヨォォォ〜!!(感涙)大型機全盛だったこんな時代はもう来ないんですよね・・懐かしの “日本航空” の漢字ロゴもいい味を醸し出してますしねぇ〜(・・遠い目)

ちなみにホルダーに書かれている “BOEING 747 SUD” についてですが、SUDとは “Stretched Upper Deck” の略で、2階客室部分を延長し客席を増やした機体を指します。ただ同じ経緯で開発され、1982年に初号機がロールアウトした後、1983年にローンチカスタマーであったスイス航空へ納入されデビューした、当時世界最大の客席数を持つ旅客機だった “BOEING 747-300” とは明確に区別されていたようで、このBOEING 747-300型の登場により座席当たりコストが減少した効果を受けて、KLMオランダ航空など一部の航空会社では-100型や-200型を改造して-300型のような胴体にしたところや、日本航空のように製造段階で-100型の胴体を-300型と同様にしたケースもあり、このような機体が “-100/SUD”、“-200/SUD” と呼ばれておりましたデス。(※Wikipedia参照)

そんなことはさておき、裏面のナショナル パナコピーの広告もデザインとかに時代を感じて懐かしいですねぇ。しかも1982年に日本航空の “JAL沖縄キャンペーンガール” に選ばれ当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった、そしてモーレツに美しかった斉藤 慶子サンが出演しておりますし!(卒業アルバムの写真撮影当日に欠席してしまったクラスメートみたいになっておりますが・・笑)ちなみに1983年から84年にかけて斉藤 慶子サンはナショナルの様々な商品のCMに出演しておりましたですヨ。

最近は e-Ticket という名の下にチケットそのものがなくなってきてるというなんとも悲しい時代ですからね・・。この当時のこういったアイテムは色合いやデザイン共々古き良き時代のエアラインらしさというものを感じさせてくれる貴重な一枚だと思いますヨォォ〜!これまた懐かしい当時の搭乗券の半券もオマケとして付いておりますので、みなさまこの機会をどうぞお見逃しなくゥゥ〜! ※1点のみの入荷となります。

コンディションは写真でご覧いただいている通りで、経年による若干の擦れや汚れ等が見受けられるものの、40年近くもの長い長い年月を経てきたヴィンテージアイテムとしては申し分のないキレイな状態だと思いますヨ! ※数十年の長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、多少の小傷や汚れ、ヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

縦:約87mm × 横:約182mm(閉じた状態で)
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
裏面です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面&半券です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
半券の裏面です。