JAL 日本航空
ホーム | エアライン・ステッカー、 チケット > 〜40's ステッカーSAS “Scandinavian Airlines System” 1952年 オスロ&ヘルシンキオリンピック開催記念 “SKYWAY TO THE OLYMPICS” ミニバッゲージステッカー
商品詳細

SAS “Scandinavian Airlines System” 1952年 オスロ&ヘルシンキオリンピック開催記念 “SKYWAY TO THE OLYMPICS” ミニバッゲージステッカー

販売価格: 3,500円 (税込)
[在庫わずか] 梱包サイズ: 20cm
数量:
1952年にスカンジナビアでダブル開催された冬季&夏季オリンピック開催時(もしくは開催期間を含む数ヶ月ですかね?)に、SAS “Scandinavian Airlines System”(スカンジナビア航空:スウェーデン、デンマーク、ノルウェーのスカンジナビア三国が共同で運航する航空会社で、北欧らしくモダンなデザインでも知られています。)が搭乗客等にプレゼントしていた “SKYWAY TO THE OLYMPICS” ミニバッゲージステッカーですヨ!!

サイズ的には切手をちょっと大きくしたくらいの小振りな感じですが、なんと言っても五輪フラッグとともに誇らしげにはためくSASフラッグが、そして上空を飛ぶSAS機のイラストが、オリンピック独特の高揚感をヒシヒシと感じさせていて、なんとも胸高鳴る仕上がりとなっておりますヨォォォ〜!SASファン、オリンピックファンの方にとってはたまらない一枚ではないでそーかっ!?

ちなみに1952年2月14日から2月25日までノルウェーのオスロで冬季オリンピックが開催され、1952年7月19日から8月3日までフィンランドのヘルシンキで夏季オリンピックが開催されましたのでありマス。この52年とその前数年間は、今の東京のようにスカンジナビアではオリンピック一色になって盛り上がっていたんでしょうねぇ!しかも冬季と夏季が一度に開催される訳ですからね!これはもうハンパないお祭り騒ぎだったでしょうね〜(遠い目・・)

・・とここで疑問が・・。今は冬季オリンピックと夏季オリンピックは二年ごとに交互に開催されておりますよね・・??と調べてみたら、1924年に開催された第1回大会のシャモニー・モンブランオリンピックから1992年に開催された第16回大会のアルベールビルオリンピックまでは、夏季オリンピックと同じ年に開催されていましたが、1994年リレハンメルオリンピック以降、夏季オリンピック開催年の中間となる年に冬季オリンピックが開催されるように改正されたようでして、リレハンメルオリンピックは例外的に前大会の2年後に行なわれた唯一の大会となったのでありマス。ホォォォ〜、そんなことがあったんですね。リアルタイムに経験していたにもかかわらず、まったく分かってませんでした・・。これ、一般常識的にみんな知ってるんですかね・・??(汗)

そんなことはさておき、ほんのごく一部の富裕層しか空の旅を体験できず、ヒコーキで海外に旅するということが夢のまた夢で遥かな憧れでもあった当時の雰囲気を垣間見れる今となっては本当に数少ないアイテムですし、しかも今から70年近くも前の歴史的にも貴重なダブルオリンピックのステッカーということで、この先もなっっっかなかお目にかかれる物ではないと思いますヨォォォ〜!みなさまこの機会をぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜!!ちなみにこの当時のステッカーは紙製で裏にのりが付いており、切手のように貼るタイプとなっておりマス。現在のような剥離紙をはがして貼るタイプの物は70年代頃から出てくるようになりますヨ。 ※1点のみの入荷となります。

コンディションは、経年によるほんの僅かな汚れ等が見受けられるものの、破れ・剥げ等もなく色合いもとても鮮やかですし、70年近くもの長い長い年月を経てきたヴィンテージアイテムで、しかも劣化しやすい紙物としては、申し分のないとてもキレイな状態だと思いますヨ。 ※数十年の長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少のヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

縦:約58mm × 横:約43mm
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
イラストどアップです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
裏面です。