JAL 日本航空
ホーム | エアライン・ポスター、  パンフetc. > インフライトガイド、パンフレットBRANIFF INTERNATIONAL 1979年 国際線機内誌 “Flying Colors” Volume 8 Number 1
商品詳細

BRANIFF INTERNATIONAL 1979年 国際線機内誌 “Flying Colors” Volume 8 Number 1

販売価格: 16,800円 (税込)
[SOLD OUT] 梱包サイズ: 60cm
今や伝説のエアラインと言われるブラニフ・インターナショナル航空が1979年に制作し、当時国際線の機内誌として各座席にセットされていた今となっては大変貴重な涙モノの “Flying Colors” Volume 8 Number 1ですヨ!!史上唯一の超音速旅客機であったコンコルドの、しかもブラニフカラー!な機体がグランドキャニオン上空を優雅に飛ぶ歴史的写真の表紙( ※オフィシャルですが合成です。)が、たまらんこつカッコイイですヨォォォ〜!!もうこの表紙だけでも一見の価値大アリだと思いますゼ!(コーフンッ!)

中面にはその表紙が示すように、アメリカのエアラインとして初めてコンコルドによるヨーロッパとワシントンD.C.&ダラス間(ヨーロッパ〜ワシントンD.C.間はBAおよびAFのクルーで超音速マッハ2.0で、ワシントンD.C.〜ダラス間はブラニフのクルーで亜音速マッハ0.95で運航という形をとっていました。)の運航をエールフランス、ブリティッシュエアウェイズと共同で1979年1月12日より開始したことや、デモンストレーションとして1978年12月に全米15都市(うち13都市はコンコルド初飛来!)を周遊したことなど、さらにはダラス・フォートワース国際空港をハブとした全米各地からヨーロッパへの乗り継ぎの速達性・利便性、コンコルドの性能や概要についてなどを紹介した6ページに及ぶコンコルド特集記事 “CONCORDE:The Flying Time Machine” が掲載されており、興味津々の仕上がりとなっておりますヨォォォ〜!!

こうやって大きな注目を集めた中で就航したものの、その当時のブラニフの深刻化している財政難やコンコルドの高すぎる運航コストの問題等もあって、残念ながら1980年5月末をもってコンコルドの運航は終了してしまいましたので、実際にサービスを行っていたのは僅か1年ちょっとという短すぎる期間しかなかったため、ブラニフのコンコルドアイテム自体がとても希少性の高いモノとなっているのでありマス!

その他にも美しい写真とともに南米やヨーロッパの街を紹介した旅の記事や当時のレトロな広告等々、内容充実の一冊となっておりますが、ブラニフ自体もちろん日本には就航しておりませんでしたし、今や伝説と化しているブラニフ・インターナショナル航空が最も輝いていた今から半世紀近くも前のジェットエイジ拡大期まっ只中だった頃の歴史的にもとても貴重な国際線機内誌で、さらにコンコルド特集号ということで、ハッキリ言ってこの先もなっっっかなかお目にかかれる物ではないと思いますので、みなさまこの機会をぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜!! ※1点のみの入荷となります。※全63ページでほとんどが英語表記ですが、コンコルド特集ページは英語・スペイン語の二カ国語表記となっております。

コンディションは、およそ40年もの長い長い年月を経ていることもあり、表紙・裏表紙に経年によるちょっとした擦れや汚れ等が見受けられます。ですが中面に関しては、特に目に付く汚れや破れ・折れ等もなく色合いも鮮やかですし、劣化しやすい紙物としては全体的には申し分のないとてもキレイな状態だと思いますヨ。 ※数十年もの長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少の擦れや汚れ、ヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

縦:約276mm × 横:約212mm
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
裏表紙です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面パート1です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面パート2です。