JAL 日本航空
ホーム | エアライン・ポスター、  パンフetc. > インフライトガイド、パンフレットBOAC 1972年 “1971-72” アニュアルレポート&アカウンツ
商品詳細

BOAC 1972年 “1971-72” アニュアルレポート&アカウンツ

販売価格: 6,800円 (税込)
[在庫わずか] 梱包サイズ: 60cm
数量:
BOAC( British Overseas Airways Corporation “英国海外航空”:ブリティッシュ・エアウェイズの前身の1つで、当時はイギリスのフラッグ・キャリアとしてだけでなく、パンナムと並び世界を代表するエアラインとしてその名を轟かせていました。ちなみに1974年3月31日をもってBEAと正式に合併し、ブリティッシュ・エアウェイズとなっています。)が株主・投資家等に配布していた今となっては大変貴重な1972年度版アニュアルレポート&アカウンツですヨ!ちなみにアニュアルレポートとは、企業の経営計画や財務情報などを盛り込んだ年次事業報告書のことデス。 ※値段が印字されておりますので、一般に?販売もしていたようデス。

当時のフラッグシップ機三本柱とともに、二面に渡ってデデンと描かれた幻のBOACカラーのコンコルドが悶絶するほどにカッコイイです!!中面に関しては、以前入荷したことのあるパンナムのアニュアルレポートよりは写真も多く載っておりますし、もちろんグラフや表なんかを使って1971-72年度の経営状況も詳細にレポートされておりますデス。しかも当時導入に向けてプランが進行していたコンコルドに関しても書かれており、巻末にはBOACの72年当時のジェット機路線図とともに当時予定されていたコンコルドの就航路線図も載っておりますヨ!(幻の東京ルートも載ってマス!)さらにオモロい所では、BOAC宇宙へ進出!?的BOACスペースステーションを展示したイクシビションの写真やBOAC CARGOがカイロからロンドンまで “ツタンカーメンの黄金のマスク” を運んだことなんかにも触れられておりますデス。

そんなこんなの今はなきBOACが、世界を股にかけブイブイ言わせていた1972年当時のアニュアルレポート&アカウンツということで、往年のBOACの経営状況を詳しく知りたい方やよりマニアックに深く掘り下げたい方にはピッタリの歴史的資料だと思いますヨォォォ〜!今となってはなっっっかなかお目にかかれない稀少なヴィンテージ書籍ですので、気になられたみなさまはぜひともこの機会をお見逃しなくゥゥゥ〜!! ※1点のみの入荷となります。※全編英語表記で全87ページとなります。

コンディションは、半世紀近くもの長い長い年月を経ていることもあり、表紙の表面や角部分等に経年による若干の折れや擦れ、汚れ等が見受けられます。ですがそれ以外は特に問題もなく、中面は目につく破れ、折れ、汚れ等もありませんし、ヴィテージアイテムでしかも劣化しやすい紙物としては申し分のないキレイな状態だと思いますヨ! ※数十年の長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少の擦れや汚れ、ヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

縦:約236mm × 横:約154mm
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
裏表紙です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面パート1です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面パート2です。