ホームクルー・ユニフォームJAL 日本航空 1970〜1977年 スチュワーデス 5代目ユニフォーム:Designed by HANAE MORI
商品詳細

JAL 日本航空 1970〜1977年 スチュワーデス 5代目ユニフォーム:Designed by HANAE MORI

販売価格: 88,000円 (税込)
[SOLD OUT] 梱包サイズ: 120cm
★★かな〜り久々に再入荷しました! 1970年から77年まで日本航空のスチュワーデスさんが実際に着用していた超稀少な5代目ユニフォームの冬服バージョンですヨ。(※スカーフはBEAの物で、このユニフォームには付属しません。)当時の人々の度肝を抜いた2階建て超巨大旅客機、いわゆるジャンボの導入に合わせて森 英恵サンのデザインによって大胆に生まれ変わったミニワンピースですが、今現在じゃありえないようなキュートすぎるデザインとネイビー地に日の丸を象徴した鮮やかレッドのコントラストがめちゃめちゃオサレですヨォォォ〜!(感涙)

まさにジャンボ機の就航に合わせるように、この当時テレビドラマとして放送されていた “アテンションプリーズ” でもこのユニフォーム姿の美咲 洋子サン(紀 比呂子さん)が「私は世界一のスチュワーデスになる!」の名台詞でブラウン管の前のガールズ&ボーイズたちをアンアン・・もとい、キャ〜キャ〜!言わせ、その後スチュワーデスという職業がダントツの憧れ職業となったことでもおなじみですネ!いやぁ〜しかしこの当時のユニフォームは現代の落ち着いていて無難なデザインの物からみるととて〜も新鮮ですし、ドキッとするほどの大胆さとキュートさ具合で目が完全に釘付けになって機内ではきっと飲み物どころではなかったでしょうねぇ・・(笑)まさに史上最強のキューティーユニフォームと言っても過言ではないと思いマス!!(断言)

当時のスチュワーデスさんへの支給品でもちろん一般に出回るものではありませんでしたし、本当に珍しい当時の日本航空のユニフォームですので、歴史的にもとても貴重なとびっきりの逸品だと思いますヨォォォ〜!!ワンピースのサイズは9号のマネキンに着せてジャストフィットな感じです。(※この当時の日本航空の制服を手掛けていた伝統のHITSUJIYA製ということで、クオリティーの面でも申し分ないですゼ!ただし、タグ等にサイズは明記されておりません。)オマケとしてレッドのベルトが付属しますが、このベルトは当時のオリジナルではありませんのでその点はご了承くださいますようお願いいたします。そんなこんなの古き良き大航空時代を世界へと飛翔していった当時の日本航空を象徴する歴史的にも貴重な5代目ユニフォームということで、この先いつまた入荷できるかはまっっったくもって分かりませんので、みなさまこの機会をぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜!! ※1点のみの入荷となります。

コンディションは、半世紀近くもの長い長い年月を経ていることもあり、前面スカート部分に経年劣化による虫食い等が何カ所かに見受けられます。あと、脇など擦れる部分の生地が実使用によって若干毛羽立っており、胸ポケット部分にもウィングバッジをつけていた跡があります。もし着用される場合はスカート部分の修繕が必要かと思いますが、ディスプレイする分にはまったく問題ないと思いますヨ。全体的な造りは今もしっかりしておりますし、ほつれ等はほとんどなく、当時実際に着用されていた年代物のヴィンテージアイテムとしては申し分のない状態だと思いますが、上記しましたように残念ながら程度が落ちますので、状態のいい物のユニフォーム単品の通常プライス¥148,000からドドドンとお安くしておりますヨォォォ〜! 

※新品ではなく当時実際に着用されていた物ですので、写真では表現しきれなかった多少の擦れや小傷、汚れ、使用感等がありますことをご了承ください。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
正面から見た図です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
後ろ姿および両サイドです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面のタグおよび
状態説明写真です。