JAL 日本航空
ホーム | エアライン・ポスター、  パンフetc. > アドバタイズメントJAL 日本航空 1970年 “The gardens of Japan-at 40,000 feet.” アドバタイズメント
商品詳細

JAL 日本航空 1970年 “The gardens of Japan-at 40,000 feet.” アドバタイズメント

販売価格: 3,500円 (税込)
[SOLD OUT] 重さ: 100g
1970年に日本およびアジアで初めて開催された国際博覧会であり、当時史上最大の規模を誇った日本万国博覧会(通称“大阪万博”、英語表記は“EXPO'70” )。その大阪万博の開催に合わせて1970年4月に日本航空が初めて導入した当時の最新鋭巨人機だった “BOEING 747-100” ですが、その機体の先進性や快適性に加え、当時日本航空が売りにしていた “日本らしさ” 的ビジュアルやサービスをアピールする意味合いで海外のツーリストに向けて制作し、当時アメリカの雑誌に掲載していた “The gardens of Japan-at 40,000 feet.” アドバタイズメントですヨ!

このジャンボはなんと言っても日本そして世界を代表するインダストリアルデザイナーだった剣持 勇氏がインテリアデザインを手掛けられており、“GARDEN JET” と名付けられた機体は究極の日本美を表現したそれはそれは美しい機内空間が創り上げられていたようで、屏風のような日本画がデザインされとびきり優雅な空間だったラウンジに加え、ファーストクラスが “藤”、エコノミーが “橘” “松” “紅葉” とコンパートメントごとに異なるモチーフのインテリアとなっており、さらに各キャビンを担当するスッチーさんの着物からメニュー、様々な小物に至るまでがモチーフに合わせて統一されていたそうですヨ♪

そんな機内の優雅な雰囲気に加え、70'sな妖艶さをムンムンと漂わす着物&ユニフォーム姿がステキすぎるガーデンホステスさんがたまりませんし、オサレさが際立つ独特の英文書体やクールな家紋的グラフィックデザインなんかも相まって日本らしさ全開のスンバラシイ仕上がりとなっておりますヨォォォ〜!!写真に写っている食器類やお子チャマたちがもらっているギブアウェイの変な人形(パペットっぽい?)なんかも気になりますね!(笑)

まだまだ海外旅行が一般的ではなく、ヒコーキで海外に旅するということが夢のまた夢で遥かな憧れでもあった当時に、日本航空が誇りと威信をかけて就航させた “747 GARDEN JET” の美しい世界観を存分に感じさせてくれるこのアドバタイズメントは、今となってはなっかなかお目にかかれない歴史的にも貴重な一枚だと思いますので、みなさまこの機会をぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜!!あああぁぁぁぁぁ〜 747のガーデンジェットなキャビンを実際にこの目で見てみたかったですし、着物姿の妖艶なガーデンホステスさんにサーブしてもらいたかったなぁ〜(憧れの遠い目・・♥♥♥) ※1点のみの入荷となります。

コンディションは、表面に経年によるうっすらとした折れや変色等が見受けられるものの、色合いはとても鮮やかですし、半世紀近くもの長い長い年月を経てきたヴィンテージアイテムで、しかも劣化しやすい紙物としては申し分のないとてもキレイな状態だと思いますヨ! ※数十年の長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少のヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。※できるだけ実際の色味に忠実に写真を撮っておりますが、各々のモニターの状態によって色味が変わって見えてしまう場合がありますが、その点も合わせてご了承くださいますようお願いいたします。

縦:約335mm × 横:約262mm
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
グラフィックどアップです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
コピー部分どアップです。