JAL 日本航空
ホーム | エアライン・ポスター、  パンフetc. > インフライトガイド、パンフレットAIR FRANCE 1958年 “polar route Paris-Tokyo” リーフレット
商品詳細

AIR FRANCE 1958年 “polar route Paris-Tokyo” リーフレット

販売価格: 9,500円 (税込)
[SOLD OUT] 重さ: 100g
1958年にエールフランスが制作し、当時搭乗客や旅行代理店、関係者等に配布していた今となっては大変貴重な “polar route Paris-Tokyo” リーフレットですヨ!いやぁ〜もうこの表紙の美しいイラストや中面の絵巻き物語的仕上がりのステキさ具合に、完全にブチのめされまくりました・・(驚&汗ッ!)もうほんなこつスンバラシ〜ですヨォ〜♪(※このリーフは1958年に印刷された物です。)

ちなみに1952年に L-749 コンステレーションによって、パリーベイルートーカラチーサイゴン線を東京まで延長した南回りルートで日本初就航を果たしたエールフランスですが、その南回り線に変わって1958年4月より当時の最新鋭旅客機だった “L-1649 スーパースターライナー” (往年の名機コンステレーションのラストモデルです。)による北極経由での東京ーパリ線を運航開始しておりますデスヨ。で、余談ですがそのフライト時間、な、なんと27時間30分だったそうですゼ!当時としては画期的だったんでしょうが、当時やそれ以前に海外に行くということはホントに大変なことだったんですね(驚)

表紙に描かれた北極上空を優雅に飛ぶそんなスーパースターライナーのイラストにまずシビレまくりますが、さらに中面は蛇腹式になっていて、全部広げるとなんと120cmオーバー!にもなる迫力の絵巻き物語&北極ルートのルートマップが描かれているんですヨ!!内容はと言えばちょっとした読み物になっていて、大航海時代から発展してきた航路の紹介、北極ルートの開拓、北極圏で生活する人々の紹介、レーダー等のナビゲーションシステムの発達、そしてスーパースターライナーによる北極ルートの就航および世界的都市を経由していく南回りルートの紹介等が、象徴的なシーンの味わい深いイラストとともにフランス語と英語の二カ国語表記で書かれておりますので、反対側の当時の詳細なルートマップも交互に眺めつつ妄想を膨らませて、へぇぇ〜ホォォ〜と興味深く楽しめる一枚ではないでそーかっ!やっぱり写真が多用される以前のイラストがメインだったこの頃のこういったアイテムは見ているだけで楽しくなりますし、なんかここからドォ〜ッと想像が掻き立てられますよねぇ〜いい時代だ・・(遠い目)

ほんのごく一部の富裕層しか空の旅を体験できず、ヒコーキで海外に旅するということが夢のまた夢で遥かな憧れでもあった当時の雰囲気を垣間見れる今となっては数少ないアイテムのひとつですし、今からなんと60年ほども前の、歴史的資料としてもとてもとても貴重なリーフレットでホントーに一見の価値大アリだと思いますので、みなさまこの機会をお見逃しなくゥゥゥ〜! ※1点のみの入荷となります。※フランス語と英語の二カ国語表記となります。

コンディションは、60年ほどもの長い長い年月を経ていることもあり、表面に経年によるちょっとした擦れや小傷等が見受けられるものの、それ以外は特に問題もなく、破れ・折れ等もありませんし色合いも鮮やかで、劣化しやすい紙物としては申し分のないとてもキレイな状態だと思いますヨ。 ※60年ほどもの長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少の擦れや汚れ、ヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

縦:約238mm × 横:約128mm ※閉じた状態で
縦:約238mm × 横:約1274mm ※広げた状態で
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
反対面はフランス語バージョンです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
魅惑の中面デス。
(画像をクリックすると大きく見られます)
とてもワイドな両面
全体図です。