JAL 日本航空
ホームスチュワーデスドール、  フィギュアLufthansa 2014年? “Lufthansa First Class Services” ラバーダック:“World Cup” ver.
商品詳細

Lufthansa 2014年? “Lufthansa First Class Services” ラバーダック:“World Cup” ver.

販売価格: 8,800円 (税込)
[SOLD OUT] 梱包サイズ: 100cm
フランクフルト国際空港内にあるLufthansaが誇る “ファーストクラスターミナル” および “ファーストクラスラウンジ” のバスルームにちょこんと鎮座し、ファーストクラス搭乗客を優しくお出迎えしてくれる噂の “Lufthansa First Class Services” ラバーダックのワールドカップバージョンですゼ!!(コーフンッ!)

ドイツ国旗を手にドイツカラーでキメ、もちろんドイツを応援しまくるちょっとパンキッシュな出で立ちがソーキュートですし、何より4年に一度のワールドカップ開催時期になると期間限定で登場するダックくん(これはおそらく2014年に開催された FIFAワールドカップ ブラジル大会の時の物だと思いマス。この大会はドイツが24年ぶりに4回目の優勝を果たしておりますので、そういった意味でも貴重ではっ!?)ということで、レア度もバツグンじゃないでそーかっ!?そして2018年は新たなワールドカップバージョンが登場してくれるハズなので、こちらも楽しみですネ!ちなみにこのダックシリーズ、このワールドカップバージョン以外にも衣装&カラー違いなどいろんなバージョンがありまして、世界中のルフトファンのコレクター心をくすぐりまくっておりますですヨ♪

あと、ファーストクラスラウンジは分かるけど、ファーストクラスターミナルってなんぞや?っとお思いの方もいるかもしれませんので、ちと説明を。ルフトハンザのホームであるフランクフルト国際空港には、なんとファーストクラス専用(プライベートジェット利用者も)の1,800㎡もの広さを誇るターミナルが建っており、そのターミナル内にはワイン&ダイニング、リラックスチェアが置かれたエリア、デイベッド付き休息室2室、4ヵ所のバスルーム(1ヵ所はバスタブ付き)、シガーラウンジ、オフィスユニット等が備えられていて、ファーストクラス搭乗客は搭乗までの時間を至れり尽くせりで快適に過ごすことができるんデス!(絶句)そして搭乗の際にはもちろんドイツが誇る最上級車でヒコーキまで送迎してくれますゼ!あ、ちなみにANAなどスターアライアンスメンバー各社のファーストクラス利用者では使用することができず、ルフトハンザおよびルフトハンザグループ(スイス インターナショナル エアラインズやオーストリア航空等)のファーストクラス利用者のみ入室できますので、正真正銘ルフトハンザ・ファーストクラスのためだけの極上施設となっておりますデス。

日本に置き換えてみると、羽田や成田にJALやANAがファーストクラス搭乗客のためだけに専用の極上ターミナルを造ってるってことですからね。日本じゃ相当に規格外な感じでちょっと想像できませんね・・。(汗)ここのターミナルは利用者の評判もすこぶるいいようで、ファーストクラス用の施設としても世界でもかなり上位にくること間違いナシのスンバラシイ所らしいデス。いやはやルフトハンザ、いやはやファーストクラス、やっぱスンゴイですね・・。

そんなハタゴ店主的にまったく無縁の話は置いといて、このダック、ハタゴ店主もず〜〜っと入荷したかったんですよね。ヨーロッパでもかなりの人気ということで仕入れ値や販売価格の問題もありなかなか入荷できませんでしたが、念願かなってようやく、よ・う・や・く・入荷できましたァァァ〜!!(感涙)これはもう、ぜひともマイルームやバスルームなんかにちょこんと飾っちゃってステキにファーストクラス気分を満喫しちゃってくださ〜い!当然ながらルフトハンザ・ファーストクラスの搭乗客のみしか使用することのできないフランクフルト国際空港内のラウンジ等でしか手に入れることができませんので、ホントのホントにレア度バツグンのキュートすぎる逸品だと思いますヨォォォ〜!ルフトファンのみなさま、サッカーファンのみなさまもひっくるめてこの機会をぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜! ※2点のみの入荷となります。
 
コンディションは、バスルームに実際に鎮座していた物ですので、多少の擦れや小傷等が見受けられますことをご了承ください。 ※製造過程上でできたようなちょっとした擦れや小傷等はご了承下さいますようお願いいたします。

縦:約75mm × 横:約80mm × 高さ:約80mm
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
アングル違いです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
逆サイドから見た図および
底面です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
憧れのバスルームの様子です。
※参考写真です。