JAL 日本航空
ホーム | エアライン・ポスター、  パンフetc. > インフライトガイド、パンフレットB.O.A.C 1964年 VC10機内販売用 “SPEEDBIRD GIFT SHOP” リーフレット
商品詳細

B.O.A.C 1964年 VC10機内販売用 “SPEEDBIRD GIFT SHOP” リーフレット

販売価格: 4,800円 (税込)
[SOLD OUT] 梱包サイズ: 80cm
1964年に B.O.A.C( British Overseas Airways Corporation “英国海外航空”:ブリティッシュ・エアウェイズの前身の1つで、当時はイギリスのフラッグ・キャリアとしてだけでなく、パンナムと並び世界を代表するエアラインとしてその名を轟かせていました。ちなみに1974年3月31日をもってBEAと正式に合併し、ブリティッシュ・エアウェイズとなっています。)が当時導入したばかりで最新鋭機だったVC10の機内において、機内販売用に搭乗客等に配布していた今となっては大変貴重な “SPEEDBIRD GIFT SHOP” リーフレットですヨ。あ、余談ですが、この “B.O.A.C” ロゴは1964年まで使用されていたもので、翌65年からはアルファベットの間のピリオド?が省かれボールドで横幅のある書体の “BOAC” ロゴに変更されましたとデス。(※このリーフは1964年3月に印刷された物です。)

ちなみにVC10とは、イギリスの航空機メーカーであったVickers社が開発した長距離用ジェット旅客機で、1962年7月に初飛行、1964年4月に初の営業運航路線となるB.O.A.Cの “ロンドン-ラゴス線” において就航を果たしましたが、開発遅延の影響等もありライバルのBOEING 707やDC-8にはすでに大きく水をあけられ遅れをとっていたため受注数も伸びず、その後胴体を4.3mストレッチしエンジンを強化したSuper VC10を投入するも機体としては短命に終わる結果となってしまいましたデス・・。ですが、T字尾翼に4発リアエンジン方式を採用したこの独特の形状やBOACのクールなカラーリングも相まって、ハタゴ店主的にはとてもお気に入りの一機となっておりマス!

そんなことはさておき、表紙のダイナミックでクールなVC10のイラストや鮮やかなデザインに加え、中面にはVC10のアイコンが誇らしげに配されたVC10オリジナルの羨望グッズの数々が味わい深いイラストで描かれており、当時の価格なんかもひっくるめて興味深い仕上がりとなっておりますヨォ〜!!さらには裏面の “BENSON and HEDGES”(B&H、ベンソン&ヘッジス:1873年に設立されたイギリスのタバコブランドで、その独特な味わいとともに小説に度々登場するなどしてカルチャー面でも人気があり、日本でも当時のティンケースなどは憧れの対象となっているようですヨ。)の広告もこれまたクールでヴィンテージ感を増しまくってくれておりますゼ!

今から半世紀以上も前のジェットエイジ拡大期まっ只中だった頃の歴史的にもとても貴重なアイテムですし、短命に終わったとは言え60年代中頃にはB.O.A.Cのフラッグシップ機として活躍しB.O.A.CのアイコンともなっていたVC10で機内販売用として使用されていたリーフレットということで、この先もなっっっかなかお目にかかれる物ではないと思いますヨォォォ〜!みなさまこの機会をぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜!! ※1点のみの入荷となります。

コンディションは、半世紀以上もの長い長い年月を経ていることもあり、リーフ表面右下黄色のエッジ部分に経年によるちょっとしたシワが見受けられるものの、それ以外は特に目に付く汚れや破れ・折れ等もなく色合いも鮮やかで、劣化しやすい紙物としては申し分のないとてもキレイな状態だと思いますヨ。本文は英語表記です。 ※半世紀以上もの長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少の擦れや汚れ、ヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

縦:約204mm × 横:約127mm ※閉じた状態で
縦:約204mm × 横:約348mm ※広げた状態で
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面第一弾です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
全部開いた状態の両面です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
裏面です。