JAL 日本航空
ホーム | エアライン・ポスター、  パンフetc. > インフライトガイド、パンフレットJAL 日本航空 50's後半 “KANGEI Welcome Aboard” インフライトガイド
商品詳細

JAL 日本航空 50's後半 “KANGEI Welcome Aboard” インフライトガイド

販売価格: 9,500円 (税込)
[SOLD OUT] 梱包サイズ: 100cm
1950年代後半頃に日本航空・国際線機内にて搭乗客等に配布されていた今となっては大変貴重な “KANGEI Welcome Aboard” インフライトガイドですヨ!このガイドには “DC-6B” と “DC-7C” が併用されていること、さらに1960年に日本航空初となるジェット旅客機 “DC-8” を導入予定であることが明記されておりますので、それらのことからもおそらくこのインフライトガイドは大体58年か59年頃に制作された物だと思いますデス。ちなみに日本航空は1954年2月に “DC-6B” による “東京〜サンフランシスコ” の太平洋線を開設して国際線がスタートしており、“DC-7C” が “DC-6B” の後継機として1958年2月に太平洋線に就航しておりマス。

そんなことはさておき、レトロ感溢れるイラスト(50年代ということで、まだ写真はほとんどなくイラストが重用されておりました。)や当時の独特な文体や表記が全編を通して漂っていてモーレツに時代を感じさせてくれるとともに、中面真ん中のページには観音開きでドドドーンと現れる当時の主力2機の迫力のカットアウェイ図が圧巻の仕上がりとなっておりますヨォォォ〜!!(コーフンッ!)内容も当時の機内を感じれてとても興味深いですし、ヴィンテージなエアライン好きならばもう必見のインフライトガイドではないでそーかっ!?ちなみに当時のDC-6B内は2クラス制だったようで今で言うファーストの “KIKU” クラスとエコノミーな “SAKURA” クラス(もちろんエコノミーと言っても当然今のエコノミーとは比べ物にならないくらいゆとりもあり超豪華です)となっておりましたデス。

まだまだ海外旅行が一般的ではなく、ヒコーキで海外に旅するということが夢のまた夢で遥かな憧れでもあった当時の雰囲気を垣間見れる歴史的にもとても貴重なガイドだと思いますし、古き良き時代の日本の翼であり誇りでもあった日本航空の、さらに草創期である50年代のアイテムなぞは今となってはなっっっかなかお目にかかれない逸品だと思いますので、みなさまこの機会をぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜!! ※1点のみの入荷となります。※全編日本語と英語の二カ国語表記で全22ページとなります。

コンディションですが、ガイド表面に経年劣化によるちょっとした擦れや汚れ等が見受けられるものの、およそ60年もの長い長い年月を経ているにもかかわらず表紙・中面ともに特に目に付く折れや破れ等もなく、ヴィンテージアイテムでしかも劣化しやすい紙物としては申し分のないキレイな状態だと思いますヨ。 ※数十年の長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少の擦れや汚れ、ヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

縦:約228mm × 横:約105mm(閉じた状態で)
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
裏面および最初と
最後のページです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
圧巻のカットアウェイ図です!
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面です。