JAL 日本航空
ホームクルー・ユニフォームJAL 日本航空 1977〜1987年 スチュワーデス 6代目ユニフォーム用エプロン:Violet
商品詳細

JAL 日本航空 1977〜1987年 スチュワーデス 6代目ユニフォーム用エプロン:Violet

販売価格: 12,800円 (税込)
[SOLD OUT] 重さ: 300g
1977年から87年まで日本航空のスチュワーデスさんが実際に着用していた超稀少な6代目ユニフォーム用エプロンのバイオレットバージョンですヨ。(※バイオレットと表記しましたが、やや紫がかった青といった感じです。※スカーフおよびユニフォームは付属しません。※6代目ユニフォームが手元になかったので、あくまで雰囲気を見せるための参考として5代目ユニフォームの上にエプロンを着用させておりマス。)当時の日本航空は輸送実績世界1位を記録するなど、まさに日本のフラッグキャリアとして、はたまた世界を代表するメガキャリアとして、もっとも勢いに溢れていた時代だったと思いますが、5代目ユニフォームに続いて森 英恵サンによって手掛けられたこのエプロンを含む6代目シリーズも、その当時の勢いを象徴するかのようにとても鮮烈なデザインで、およそ40年もの時を経た今となっても多くの人の記憶に残っている傑作ユニフォームだと思いマス!!(感涙)

さらにこのユニフォームを一躍憧れの的にさせたのは、何と言っても当時(1983年から84年にかけて)テレビドラマとして放送されていた “スチュワーデス物語” ですよネ!様々な名台詞とともに超ド級のくっさい演出やビビビックリ!なストーリー展開で、ティーンなガールズ&ボーイズのみならずミドルエイジなオジさまオバさまたちまでをも巻き込んで、日本中の老若男女をイヤァァァ〜ッ!ムキィィィィ〜ッ!とブラウン管の前で歯ぎしりさせ、その後スチュワーデスという職業がダントツの好感度No.1&憧れの職業となったことでもおなじみですネ!そんなこんなの日本航空黄金時代を象徴する、まさに史上最強のドジでマヌケでのろまなカメ・・・もとい、キューティーエプロンと言っても過言ではないと思いマス!!(キッパリ)

当時のスチュワーデスさんへの支給品でもちろん一般に出回るものではありませんでしたので、歴史的にも貴重なとびっきりの逸品だと思いますヨォォォ〜!みなさまぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜! ※1点のみの入荷となります。※エプロンのタグには特にサイズの明記はありませんが、9号のマネキンに着せたユニフォームの上に付けると写真のようにちょうどいい感じデス。

コンディションは、40年程もの長い長い年月を経ているにもかかわらず、それほど使用感もなくキレイな状態で造りや縫製もしっかりしておりますし、色合いもとても鮮やかで、当時実際に着用されていた年代物のヴィンテージアイテムとしては申し分のないキレイな状態だと思いますヨ! ※新品ではなく当時実際に着用されていたものですので、写真では表現しきれなかった多少の擦れや小傷、汚れ、使用感等がありますことをご了承ください。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
両斜めから見てみました。
(画像をクリックすると大きく見られます)
後ろ姿です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
鶴柄どアップおよび
タグです。