JAL 日本航空
ホームクルー・ユニフォームJAL 日本航空 1970〜1977年 スチュワーデス 5代目ユニフォーム&オリジナルベルトセット:Designed by HANAE MORI
商品詳細

JAL 日本航空 1970〜1977年 スチュワーデス 5代目ユニフォーム&オリジナルベルトセット:Designed by HANAE MORI

販売価格: 168,000円 (税込)
[SOLD OUT] 重さ: 600g
★★かな〜り久々に再入荷しました! 1970年から77年まで日本航空のスチュワーデスさんが実際に着用していた超稀少な5代目ユニフォーム&オリジナルベルトセットですヨ。(スカーフは BEA の物で、このユニフォームには付属しません。)当時の人々の度肝を抜いた2階建て超巨大旅客機、いわゆるジャンボの導入に合わせて森 英恵サンのデザインによって大胆に生まれ変わったミニワンピースですが、今現在じゃありえないようなキュートすぎるデザインとネイビー地に日の丸を象徴した鮮やかレッドのコントラストがめちゃめちゃオサレですヨォォォ〜!!しかも、なっっっかなかお目にかかれない当時のまんまなオリジナルのクールネイビーなエナメルベルトまで付いているんですデス!(ベルトや帽子なんかは使用していくうちにどんどん劣化していきますので、なかなかキレイな状態で残っていることは少ないようですヨ。)・・ス、ステキすぎる・・(感涙・・ワナワナ)

まさにジャンボ機の就航に合わせるように、この当時テレビドラマとして放送されていた “アテンションプリーズ” でもこのユニフォーム姿(まさにこの鮮やかレッドですヨ!名付けて美咲スタイル!)の美咲 洋子サン(紀 比呂子さん)が「私は世界一のスチュワーデスになる!」の名台詞でブラウン管の前のガールズ&ボーイズたちをアンアン・・もとい、キャ〜キャ〜!言わせ、その後スチュワーデスという職業がダントツの憧れ職業となったことでもおなじみですネ!いやぁ〜しかしこの当時のユニフォームは現代の落ち着いていて無難なデザインの物からみるととて〜も新鮮ですし、ドキッとするほどの大胆さとキュートさ具合で目が完全に釘付けになって機内ではきっと飲み物どころではなかったでしょうねぇ・・(笑)まさに史上最強のキューティーユニフォーム&ベルトセットと言っても過言ではないと思いマス!!(断言)

当時のスチュワーデスさんへの支給品でもちろん一般に出回るものではありませんし、本当に珍しい当時の日本航空のユニフォームセットですので、歴史的にもとても貴重なとびっきりの逸品だと思いますヨォォ〜!!ワンピースのサイズは9号のマネキンに着せてジャストフィットな感じです。(※この当時の日本航空の制服を手掛けていた伝統のHITSUJIYA製ということで、クオリティーの面でも申し分ないですゼ!ただし、タグ等にサイズは明記されておりません。)エナメルベルトのサイズは裏面に S と明記されており、ユニフォームに対してやや小さめとなっております。人の身体の場合は柔らかいので、ベルトが多少小さくてもキュッと締めればその分ウェスト部分もそれに応じて縮むと思いますが、マネキンの場合はボディーが固いので、ちょっと強めにギュッと締めないとベルトがキレイに収まりません。また、エナメルがゴムのベルトなんかと違って固いので、ベルト下部でフィットした場合は、ベルト上部に若干の空白ができてしまいます。(3枚目写真参照)ですので、マネキン等に着せてディスプレイすることをお考えのお客さまは、その点ご了承くださいますようお願いいたしマス。しかし、当時のオリジナルのエナメルベルトまで残存しているとても希少なセットなことは間違いありませんので、みなさまこの機会をぜひともお見逃しなくゥゥゥ〜!!セット内容は、ワンピース(HITSUJIYA製)、オリジナルのエナメルベルトの2点セットとなります。 ※1セットのみの入荷となります。

コンディションは、40年以上もの長い長い年月を経ているにもかかわらず、裏地も含めビックリするほどにキレイな状態で、造りや縫製、ホック等もしっかりしておりますし、虫食いや穴あき、ほつれ等もほとんどなく、当時実際に着用されていた年代物のヴィンテージアイテムとしては申し分のないとてもキレイな状態だと思いますヨ!いやホント、とても大切に保管されていたんだと思いマス。 ※新品ではなく当時実際に着用されていた物ですので、写真では表現しきれなかった多少の擦れや小傷、汚れ、使用感等がありますことをご了承ください。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
やや斜め&後ろおよび
両サイドから見た図です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
胸元ロゴおよび
ベルト部分どアップです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
エナメルベルトおよび
制服裏地タグどアップです。