JAL 日本航空
ホーム | エアライン・小物 > ケース・ホルダーJAL 日本航空 60's後半 ギフトアイテム:“西陣織” パスポートホルダー
商品詳細

JAL 日本航空 60's後半 ギフトアイテム:“西陣織” パスポートホルダー

販売価格: 8,800円 (税込)
[SOLD OUT] 重さ: 100g
★★久々に再入荷しました! おそらく1960年代後半から70年代初頭頃に日本航空・ファーストクラス搭乗客等にギフトとしてプレゼントされていた “西陣織” パスポートホルダーですヨ。いやいやいや、どーですかっ!?このジャパニーズトラディショナルソウルフルビューティフォー悶絶デザインは!!(昇天)しかもこの美し〜いファブリック、60年代のJALを象徴すると言っても過言ではない初のジェット機 DC-8 のファーストクラスで使用されていた西陣織のシートカバーを再利用して作ったモノなんデス!!

当時の富士号のラウンジの写真なんかを見ますと、贅を尽くしたジャパニーズゴージャスな空間にこの柄のシートがオサレ〜に鎮座しておりますが、コレあのシートのカバーなんですヨ!そんな日本の威信をかけたようなラウンジでの逸品ということで、もうたまらんほどの上質感漂う仕上がりとなっておりますヨォ〜♪ 当時こんなをステキギフトをもらった外国の方たちはとてもウレシかったことでしょうねぇ〜(妄想タイム♪)

こういったギフトアイテムからもわかるように、この当時の日本航空はスッチーさんは着物を着ていたり、機内デザインもオリエンタルムード満点のジャパニーズモダンな感じでステキに仕上げられていたりと、外国人のお客さんたちにアピールする意味もあって強くジャポニズムを意識した展開だったんですよねぇ〜。いやホント、当時のJALは相当COOOOOLでしたヨ!!多くのエアラインが無国籍風のコンテンポラリーなデザインで無難に落ち着いてしまっている現代から見ると、とても新鮮でめさめさ魅力的な感じがしますし、しかも今となっては超貴重な60年代当時の花形ジェット DC-8 のファーストクラスで実際に使用されていたリアルな西陣織のシートカバーを再利用した逸品ですからネ!!

まだまだ海外旅行が一般的ではなく、ヒコーキで海外に旅するということが夢のまた夢で遥かな憧れでもあった古き良きジェット黎明期の残り香を感じさせてくれる、この貴重なそして愛しのパスポートホルダーをどーぞお見逃しなくゥゥゥ〜!! ※1点のみの入荷となります。

コンディションですが、長い間使用されずにず〜っと保管されていた物のようですが、半世紀程もの長い長い年月を経ていることもあり、残念ながら中面の生地表面に経年劣化によるに若干の色褪せや汚れ等が見受けられます。(※3、4枚目写真参照)ですが、西陣織側のオモテ面は金糸がキラキラと輝いていてキレイですし、破れやほつれ等もなく、こういった年代物のヴィンテージアイテムとしては申し分ない状態だと思いますが、上記しましたように若干程度が落ちますので、通常プライス¥15,800からドドド〜ンとお安くしておりますヨォ〜! ※数十年もの長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少の擦れや小傷・ヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

縦:約220mm × 横:約113mm × 厚さ:約12mm
※閉じた状態で
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
反対面です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
中面です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
オモテ面刺繍部分および
中面ロゴ部分どアップです。