ホーム | エアライン・小物 > キーホルダーAEROFLOT 70's初頭 “IL-62M” 導入記念プロモーションアイテム:“Ил-62M” キーホルダー
商品詳細

AEROFLOT 70's初頭 “IL-62M” 導入記念プロモーションアイテム:“Ил-62M” キーホルダー

販売価格: 3,800円 (税込)
[SOLD OUT] 梱包サイズ: 80cm
1970年代初頭にアエロフロート(AEROFLOT:ソビエト連邦の国有航空会社として1923年に “ドブロリョート” の社名で設立されて以来、ソ連政府の民間航空輸送部門として運営されてきましたが、“アエロフロート” とは単一の航空会社の名称ではなく、各地域ごと、事業ごと、あるいは空港ごとに存在する航空会社の集合体であるソ連政府の民間航空輸送部門の総称であったそうでありマス。そしてソ連崩壊後に民営化され、現在はロシアのフラッグキャリアかつスカイチームの主要メンバーとして、世界各国にその路線網を広げておりますヨ。※Wikipedia参照)が IL-62M 導入時のプロモーションアイテムとして制作し、一部の搭乗客やお得意サン、はたまた関係者等に限定的に配布していた “Ил-62M” キーホルダーです。

いやいやいや、どーですかっ!?この東欧チック全開のチープでポップでキッチュなインパクト抜群の出で立ちは!!鮮やかブルー&レッドのキュートカラーに、キラリ☆と輝く “Aeroflot” ロゴ& IL-62M の独特な機体が悶絶する程にいい味醸し出しまくりやがりな仕上がりとなっておりますヨォォォ〜!!

ちなみに IL-62 とは、当時のソ連のイリューシン設計局で開発されたソ連初の本格的な長距離用ジェット旅客機で、アエロフロートは1967年に導入しましたが初期の IL-62 は燃費が悪く、そのため新型エンジンを装備した機体が開発されることとなり、上記の改良型の IL-62M が1970年に登場することとなりましたデス。(Wikipedia参照)いやでも、当時のソビエトや共産圏諸国の花形ジェット機だった “IL-62” 独特のリア4発エンジンやT字尾翼なフォルムが相当カッチョイイですよねぇ〜!!(感心)

そんなことはさておき、当時の旧ソビエトや東欧諸国のデザインアイテムのかわいさときたら一体何なんでしょ?(驚)社会体制的には決して明るい時代ではなかったと思いますが、色合いやカタチもひっくるめてホントにキッチュでソソられるデザインが多いですよねぇ〜・・(羨望の遠い目・・)今から数十年も前の、しかもなっっっかなかお目にかかることのできない旧ソビエト時代のアエロフロートのアイテムな上に、IL-62M 導入時の歴史的にも貴重な逸品ということで、ここ日本ではなっっっかなかお目にかかることのできないレアレアなヴィンテージキーホルダーだと思いますヨォォォ〜!!みなさまこの機会をぜひともお見逃しなくゥゥ〜!! ※1点のみの入荷となります。

コンディションは、40数年もの長い長い年月を経ていることもあり、表面に経年による擦れや小傷等がやや見受けられるものの、ヴィンテージアイテムとしては申し分ないとてもキレイな状態だと思いマス! ※数十年の長い年月を経てきたヴィンテージアイテムですので、写真では表現しきれなかった多少の小傷や汚れ、ヴィンテージ感・古味等がありますことをご了承ください。

全長:約100mm × 幅:約42mm
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
反対面です。
IL-62M がカッチョイイ!
(画像をクリックすると大きく見られます)
ロゴ部分どアップおよび
横から見た図です。
(画像をクリックすると大きく見られます)
機体側どアップです。